浅く広く、適当に何か書いてます。

2021年3月10日水曜日

【Minecraft】firis版メイドMOD fp.045~ ボイス・テクスチャ・(マルチモデル)の導入や自作の仕方

往年の栄光はどこに行ったのか、現在メイドMODに関する情報は少なく、あっても錯綜しています。

何とか仕組みが大体分かったので紹介しておきます。
本記事で解説するのは、Minecraft1.12.2 LittleMaidMod Firis Patch fp.045~におけるボイスやテクスチャの導入方法です。具体的には、MODを導入した際に"LittleMaidResource"というファイルがmodsやsavesと同じ階層に生成されるバージョンです。
なお、マルチモデルに関しては挫折しましたがいくつか分かったことがあるので後ろの方に記しておきます。

テクスチャ・マルチモデルの導入法

 ダウンロードしたzipをそのままModsかLittleMaidResourceに入れます。
 1.8~に対応しているテクスチャなら動きますが、古いテクスチャはうまく動かないこともあります。
 その原因は、命名規則に従っていないためです。
 なので、ファイル名を変えてやればうまく動きます。多分。 
 

古いテクスチャ・モデルの改造方法

 
改変を含むので、規約を確認してから実行してください。
個人用途では大体大丈夫ですが、念の為。
あと、実は未実践です。理論上はうまくいくはずですが
 
まず、zipの名前を"LittleMaidMob_(pngファイルの名前).zipにしてマイクラを起動します。これでいけたらラッキーです。
 

↑でダメだった場合、以下をお試しください

 
exlipseをダウンロードします。2018年版でないとエラーを起こす可能性があります。Ultimateバージョンを選んでおけば間違いないです。Java版でも大丈夫です。
②ダウンロードして起動したら、テクスチャのzipを解凍し、classファイルをexlipseにドラッグ&ドロップします。恐らく下のような感じだと思います。(これはtabulaを使用してエクスポートしたデフォルトメイドです)
maikura1


こちらから、"LittleMaidModelProject-9.3.0.fp.050.zip"をダウンロードし、解凍し、src/main/javaの中にある"ModelLittleMaid_SampleMaidModel.java"をexlipseにドラッグ&ドロップします。
下のような内容でしょう。
maikura2

ここでいう「本サンプルのテクスチャ」はsrc/java/resources/assets/,,,にあります。桃色です。
④テクスチャのpngファイルだけ抜き取り、②で開いたテクスチャのclassファイルの内容に従って命名規則通りにフォルダを作っていきます。
 ②に上げた画像の場合、パッケージはDefault、テクスチャ名は任意、モデル名はModelLittleMaidBaseVer1です。なので、ファイルを

ModelLittleMaid_ModelLittleMaidBaseVer1ーassetsーminecraftーtecturesーentityーlittleMaidーDefaultーテクスチャ名ーModelLittleMaidBaseVer1ーModelLittleMaidBaseVer1_(数字).png

となるように作り、
assetsの下(minecraftと同階層)にclassファイルを持ってきてzipファイルにします。zipの名前は"LittleMaidMob-(モデル名)"とします。
⑤LittleMaidResourceの中に配置してマイクラを起動します。modsの中に入れても多分大丈夫です。
 ゲーム内で確認し反映されていればOKです。


ボイスの導入方法

ダウンロードしたzipをLittleMaidResourceの中に入れてマイクラを起動します。
LittleMaidAppendPack-2.0.0.jarを導入する必要があるかもしれません。
起動後、LittleMaidResourceの中にある"cache_soundpack.json"というファイルをメモ帳などで開き、読み込めていればOKです。
ボイスの設定方法は以下のサイトを御覧ください。

【Firis's Patch編】テクスチャパックごとのボイスパックの設定の仕方

以前はボイスパックの名前をテクスチャパック名にすることで変更できたのですが、 2020/7/19のLittleMaidReengaged Firis's Patch ver.fp.045よりボイスの設定の仕方が新しくなりました Firis's PatchのLittleMaidReengagedのテクスチャパックごとのボイスパックの設定の仕方を解説致します

読み込めていない場合は、以下のことをチェックしてください。

  1. 解凍したファイルの中の音声ファイルの拡張子が.oggかどうか
  2. 解凍したファイルの構成が"LittleMaidMob.cfg"と「音声だけが入ったファイル」とReadMe等になっているかどうか

1を確かめてoggでない場合、そのボイスを導入することは不可能です。
2を確かめてそうでなかった場合、ファイルを入れ替えて上記の構成にしてください。
例えばMORU氏のボイスパックでは、"littleMaid_MORU"内に音声ファイルとReadmeが入っているため、Readmeを音声が入ったファイルの外に出さなければ読み込みません。


次は自作編です。
 
 

ボイスの自作

と言っておいてなんですが、割愛します。littleMaidMob.cfgを読めばなんとなくわかります。
 

 テクスチャの自作方法

基本的にはこのトピックに従ってください。
しかし、”フォルダの準備”の項で紹介されているフォルダ構成は現在のバージョンと異なります。
お好みの名前をABCとすると、
現在は

LittleMaidMob-ABCーassetsーminecraftーtexturesーentityーlittleMaidーテクスチャ名ーABC_数字.png

です。この通りにフォルダを作り、zip化し、modsかLittleMaidResourceの中に入れてください。
ゲーム内で確認できれば成功です。トピックにもありますがzip名はLittleMaidMob-ABCとした方が安全です。
すでにあるモデルを使う場合は、tabula等で使うモデルを読み込みテクスチャを作ったあと、
(テクスチャ名)ー(モデル名)_(数字).png←作ったテクスチャ
というファイルを、利用したモデルが入っているファイルのテクスチャ層に入れれば反映される・・・らしいです。追加するテクスチャが少ないのであれば、作ったテクスチャを既存のテクスチャの中に紛れ込ませる方が確実だと思います。

 マルチモデルの自作方法

著者はビルドがうまくできず詰んでいます


基本的にはこのトピックに従ってください。
マルチモデル開発環境、つまりLittleMaidModelProjectはこちらの中にあります。
また、ModelLittleMaid_SampleMaidModelはsrc/main/javaの中にあります。
ここで、過去のサンプルメイドと現在のサンプルメイドでコードが違うので、多分この方法ではうまくできません。過去のサンプルメイドのコードだけ引っ張ってこればいいんでしょうか?
うまくできないことは分かるのですが、どうすればうまくいくのか分かりません。は?
マルチモデルをtabulaで作成し、エクスポートし、ModelMultiBaseを継承してビルドしてLittleMaidResourceに入れれば上手くいくはずなんですが、なんせビルドできない。
ビルドについて、firis氏の例に則っていうと
LittleMaidModelProject/src/main以下の構成がそのままビルド後の構成になります。
自分がわかったのはここまでです。アニメーションとか追加出来る気がしませんね・・・

マルチモデルの作り方についてはこちらのサイトでも解説されています。firis氏のファイルを使わない方法で、トピックのものより数倍複雑ですが出来ることには出来るみたいです。自分は今から試します。tabulaではないですがモデリング手順は紹介したサイトの過去記事にありますので、参考までに。おそらくネットで唯一のメイドモデリング手順記事です。


今回はここまでです。ご観覧ありがとうございました。
質問・補足はコメント欄でお願いします。質問されても答えられるか分かりませんが…