浅く広く、適当に何か書いてます。

2021年7月17日土曜日

音ゲーに迷ったらosu!【PC】

 ごきげんよう。
 今回は、音ゲー界隈では有名らしい「osu!」をご紹介します。私はこれしか知りませんがおすすめ。
 これからosu!の良い点を色々と挙げてみます。悪い点は最後に一つだけ。
リンクはこちら。

osu! はゲームモードが4つある

 osu!は四種類のゲームモードがあるので非常にお得です。

 曲は"chandelier-king"です。デフォルトで入ってるはず。プレイ画面はオートモードです。

osuモード



 これはosu!オリジナルのモードですね。クリックとドラッグで遊ぶモード。

 昔はこのモードしかありませんでしたが、今は4種類に増えています。

 

Taikoモード

 

 どっかで見たことある画面ですね。太鼓系の無料ゲームはいくつかありますが、これはUI・音・オプションと全て揃っており、文句のつけようがありません。

 

Maniaモード

 

 どっかで見たことある画面ですね(再び)。
 あまりこのモードはしませんが、効果音が色々あって楽しいと思います。

 

Catchモード

 

 なんだこれは・・・先ほどまでと違い意味分からん画面。
 これは下の女の子を操作して、上から落ちてくる果物を受け止めるというモードです。
割とムズイ。

 ・・・と、以上4種類があります。いずれも「これ無料でいいの?」ってレベルのクオリティです。

 

osu!は曲が無茶苦茶多い

 音ゲーにある意味一番重要なのは曲の数でしょう。しかしosuにおいて曲の数を心配する必要はありません。

 osuは曲(というか譜面=beatmap)の99.9%が有志による作成なのですが、海外の方も居るのでスタッフに認証されたものは一日20曲くらい増えます。認証されないものは60曲くらい増えます。認証済みのものは万人向け、認証されないものはそうとは限らない、という感じでどちらも遊べます。

 例えば、チルノのパーフェクトさんすう教室ならこんな感じの曲数です。

 同じ曲がいっぱいありますね。一つ一つの譜面に個性があります。

 リミックス版や教祖版もあるよ!

 

osu!はマルチプレイもできる

 osu!はリアルタイムでマルチプレイができます。多くの部屋では「難易度星5以下」みたいな制限付きで遊ばれています。見知らぬ曲と出会えるチャンス。

 

ただ、曲の追加が若干しにくい

 一つ悪い点を挙げるとすると、それは曲の追加が少し難しいことです。
まず、曲名が英語なので英語版のタイトルを知っておく必要があります。
ここで厄介なのが、「日本語タイトルを英語にしたもの」と「ローマ字にしただけのもの」の二種類があることです。

 先ほどのチルパの例でいうと、「Cirno`s perfect math class」と「Cirno no perfect sansuu kyoushitu」の2つです。

 検索にはなんとか引っ掛かりますが、二通り検索したほうが安全。
 そして、「曲のまとめ」みたいなのがあまりないこと。公式がよくできた譜面をまとめて配布していますが、それ以外は一つずつちまちま追加する必要があります。Youtubeでいうところのプレイリストが無いっていう感じです。

まとめ

 小さな欠点はあるものの、無料でこれだけできるのは素晴らしいです。スペックもそんなに必要ないので、音ゲーを探して彷徨っている方は試してみてください。

0 comments:

コメントを投稿

質問・感想などご自由に。多分返信します。